« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

丸谷才一、湯川豊『文学のレッスン』

Photo

新潮選書から丸谷才一『文学のレッスン』が刊行されたので読んでみた。

先ごろ廃刊になった新潮社の季刊誌『考える人』の 2007 年春号が「短篇小説を読もう」という特集で、丸谷才一との対談を掲載していた。これが好評だったのか、次に「長篇小説」も特集したのだが、これで終わらず、対談はその後も「伝記・自伝」「歴史」「批評」「エッセイ」「戯曲」「詩」と続いたのだそうだ。これらをすべて盛り込んで 2010 年に単行本、2013 年に新潮文庫となり、さらに今回の新潮選書となったのだ。聞き手はいずれも湯川豊。

丸谷氏は古今東西の文学を奔放に語って、こちらの理解がついていかないところもあるが、それでも読んでいて実に楽しい。

その中の一つ、「演劇」の項では、

演劇が祭祀から始まったというのは説得力のある意見だと思うんです。(中略)それがいちばんはっきりするのは、歌舞伎の襲名披露などの口上ですね。(中略)舞台に座った役者たちがみな公式的な格式ばったことをいっていると、一人だけおどけたものがいて、(中略)。あれはコミック・リリーフというもので、どっと笑いをとることで気分がさっと変る。そうなるとこれはやはり芝居ですね。祭祀のなかに芝居がある。そしてお客はそれに参加することで陶酔する。

とあって、なるほどなあと思った。

丸谷才一、聞き手 湯川豊『文学のレッスン』(新潮選書、2017)

2017年6月 8日 (木)

リレーおぴにおん「ジャズと私」

Photo

朝日新聞に「リレーオピニオン『ジャズと私』」という記事が連載されている。六月七日付けの記事には音楽学者の岡田暁生さんが登場した。

岡田さんの専門はクラシック音楽で、放送大学の客員教員として「西洋音楽史」を講じたとき、僕は初めてその名前を知った。この科目はもちろんクラシック音楽の歴史を扱ったものだが、最終章ではジャズについても触れていた。

新聞記事では、フィリップ・ストレンジというジャズ・ピアニストに師事した岡田さんがジャズの魅力について語っている。

また、ジャズを知ったことでクラシック音楽を再認識し、権威化されたクラシック音楽が置き去りにしているものまで見えるようになったと述べている。

大学の先生のせいなのか、言い回しが多少硬い気もするが、「どんな人生も否定せず、受け入れる精神から最高のセッションが生まれる」などという言葉には納得できるものがある。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31