« 堀江敏幸『音の糸』 | トップページ | リレーおぴにおん「ジャズと私」 »

2017年5月14日 (日)

ヤナーチェクのピアノ曲

Arecollection_2

1970 年代初頭、日本コロムビアから出ていた音源が一斉に新興レーベルの CBS ソニー・レコードに移ったとき、ジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団の《新世界から》にボーナス・レコードが一枚追加され、これにヤナーチェクの《シンフォニエッタ》第一楽章が収められていた。これがヤナーチェクの音楽を初めて聴いたときで、金管の摩訶不思議な響きがとても新鮮だった。

しかし、その後、《タラス・ブーリバ》、《利口な女狐の物語》、弦楽四重奏曲などを聴いても、どれもつかみどころのない印象ばかりで、そのうちにこれらのレコードはすべて処分してしまった。

そうしたところ、図書館所蔵の音源を検索していたら、アンドラーシュ・シフが演奏するピアノ曲集があるのを知った。さっそく借りてきて聴いてみたのがこの CD。

《霧の中で》《草かげの小径にて》《思い出》など、題材が身近で、どれも短い曲ばかり。ロバート・コーワンという人が、「クリエイティブな才能を守る固い繭の中で無垢な子供のままでいることができたヤナーチェクの純粋性や感情豊かな率直さが伝わってくる」(小林誠一訳)と解説している。

ときどき思い出して聴いてみたくなる曲集。

Leos Janacek : A recollection (ECM)

In the mist
Sonate
On an overgrown path I
On an overgrown path II
On an overgrown path (Paralipomena)
A recollection

Andras Schiff (Piano)
January 2000

« 堀江敏幸『音の糸』 | トップページ | リレーおぴにおん「ジャズと私」 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 堀江敏幸『音の糸』 | トップページ | リレーおぴにおん「ジャズと私」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31