« 丸谷才一編著『ロンドンで本を読む』 | トップページ | 堀江敏幸『音の糸』 »

2017年4月29日 (土)

ミュシャの絵のジャケット

いま国立新美術館でミュシャ展が開催されているようだ。会期は六月五日までとなっているが、いろいろと用事があるので、行けそうにない。

ミュシャというと、彼の絵をジャケットに使ったレコードが手元にある。これは当時の東芝 EMI が「フランス音楽のエスプリ・シリーズ」と題して発売したもの。このシリーズが最近になって CD でも発売された。

http://wmg.jp/special/lesprit/

EMI はワーナー・ミュージックに売却されたので、レーベルもロゴも変更されている。

この新シリーズにはパレナン四重奏団の「ドビュッシー、ラヴェル:弦楽四重奏曲」や「ショーソン:ピアノ、ヴァイオリンと弦楽四重奏のためのコンセール他」も入っていて、僕にもそのレコードがあるのだが、ジャケットは別のものになっている。

つまり、このシリーズは、当時既発売のフランス音楽の音源にミュシャの絵をあしらい、意匠を新たに再発売したものということらしい。

ジャケットの大きな LP でもう何枚か欲しくなった。

Dscn0922
Maurice Ravel : Sonate pour Violon et Piano, Sonate pour Violon et Violoncelle, Trio en la mineur pour Piano, Violon et Violoncelle

Gerard Jarry, violon
Georges Pludermacher, piano
Michel Tournus, violoncelle
1970-73

Dscn0921
Cesar Franck : Quatuor a Cordes

Quatuor Parrenin
1972

« 丸谷才一編著『ロンドンで本を読む』 | トップページ | 堀江敏幸『音の糸』 »

クラシック音楽」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

ひらさん、こんばんは。

ずっと前に、話題にした事があったような気がしますけど、ジャケットの絵画や写真が素敵だと嬉しくなりますよね。LPレコードのサイズなら、より一層絵画を楽しめそう。
フランス音楽のジャケットに、ミュシャの絵画。
これは、シリーズで揃えてみたくなりますね。

◇ ANNA さん、こんにちは。

このシリーズ、いいですね。

聴いたことのない曲や演奏家が多いけれど、でも、マルティノンは欲しいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丸谷才一編著『ロンドンで本を読む』 | トップページ | 堀江敏幸『音の糸』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30