« 小沼丹の連作短篇集『黒と白の猫』 | トップページ | 堀江敏幸『その姿の消し方』 »

2017年2月26日 (日)

リヴァーサイドのモンク

Theloniousinaction

セロニアス・モンクはリヴァーサイド・レコードに数々の録音を残した。その録音を『ブリリアント・コーナーズ』『ヒムセルフ』『ウィズ・コルトレーン』という具合に辿ってくると、さて、この次は何を聴こうかという気持ちになる。それは、この三枚が途方もない山頂を形成していて、これらを登りつめたあとはもう下山するしかないという気にさせられるからだ。だが、登頂だけが山登りの楽しみではない。登山道の途中にだって大きく眺望の開ける場所があるにちがいない。

というわけで、リヴァーサイドの他の作品『イン・アクション』『ミステリオーソ』を聴いてみた。これはジョニー・グリフィンらが加入していた当時のモンク・クァルテットがニューヨークのファイヴ・スポットに出演したときのもの。モンクは管楽器を入れたクァルテットを長く率いたが、これが現実的には自作曲を演奏する際の最良の編成であったことが納得させられる。

Thelonious Monk : Thelonious in Action  (Riverside)

Light Blue
Coming on the Hudson
Rhythm-A-Ning
Epistrophy (theme)
Blue Monk
Evidence
Epistrophy (theme)

Thelonious Monk : Misterioso  (Riverside)

Nutty
Blues Five Spot
Let's Cool One
In Walked Bud
Just a Gigolo
Misterioso

Johnny Griffin (tenor sax)
Thelonious Monk (piano)
Ahmed Abdul-Malik (bass)
Roy Haynes (drums)
"Five Spot Cafe", NYC, August 7, 1958

Misterioso

« 小沼丹の連作短篇集『黒と白の猫』 | トップページ | 堀江敏幸『その姿の消し方』 »

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

リバーサイド時代のモンクアルバム集を山登りに例えるなんて、さすがヒラさん。
ご無沙汰しております。秋田はまだ薄ら寒い日が続いております。
グリフィンはリトルジャイアントと呼ばれているが如く、ちょっと荒々しいのですよね、そこが魅力なんでしょうが。この頃モンクのレギュラーメンバーのサックスはコルトレーンだったようですが、都合とやらで代役がグリフィンだったようです。
そちらには、LPレコードを聴けるお店、色々でしょうね?

マスター、こんにちは。

今冬の秋田は雪が多かったようですね。こちらも寒く、今年は風邪をひきました。空っ風が堪えますね。

> そちらには、LPレコードを聴けるお店、色々でしょうね?

私の知る限り、全くないです。寂しいかぎり。

グリフィンが代役てな情報は間違いでした。57年末より1年間在籍したとの事です。と言う事は本アルバムは半年間の実績を踏まえてのライブであり、自信を持って演奏されたのでしょう。こんな知識を踏まえての聴感と、そうでないのとでは、結構違うんだよな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小沼丹の連作短篇集『黒と白の猫』 | トップページ | 堀江敏幸『その姿の消し方』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31