2018年7月 3日 (火)

ルクレールのソナタ集

Leclairviolinsonatas

ジャン=マリー・ルクレールのソナタは、寺神戸亮がバロック・ヴァイオリンで演奏した曲集で聴いていた。彼の自然で伸びやかな演奏がとても好きだった。

このように、このソナタ集は本来ヴァイオリンのために書かれたものなのだが、中には「トラヴェルソでも演奏可能」とことわり書きがついた曲があるのだという。これらトラヴェルソ版ばかりを集めたソナタ集も聴いてみた。演奏はお馴染みのバルトルド・クイケン、ロベール・コーネン、ヴィーラント・クイケンの三人。

こちらがまた大変に美しい。どれほど美しい曲集であり、演奏なのか、音楽学者那須田務氏の文章を引用する。

これらのソナタは、当時フランスで流行していたイタリア音楽のソナタという入れ物のなかに、フランス風の優雅な舞曲形式や精密かつ明晰なテクスチャー、優美で儚く淡い色彩に彩られた旋律などを盛り込んで、まさに第一級の芸術品というに相応しい作品となっている。(中略)このアルバムに収められたソナタはバルトルドの滑らかな音色と空を浮遊するような演奏スタイルにぴったりだし、ヴィーラントの雅びやかで幽玄なガンバと、控え目ながらきっちりとツボを押さえたコーネンのクラヴサンによる通奏低音によって、他に類を見ないほどの魅力的な演奏になっている。

これら画期的な演奏を披露した音楽家たちの、過去の発言が興味深い。

バロック・ヴァイオリンというのは、音量的にも、発音からいっても、バロックの時代の音楽にちょうど合ったサイズなんですね。だから演奏するときに、加減をする必要がない。楽器を鳴らし切って、楽器の可能性の限界まで表現し尽すことができるわけです。(寺神戸亮)

演奏しようとする音楽以上によくあろうと努め過ぎないことです。(バルトルド・クイケン)


Leclairflutesonatas

Jean-Marie Leclair : Sonates a Violon seul (Denon)
寺神戸亮, Baroque violin
Christophe Rousset, Harpsichord
上村かおり, Viola da gamba
鈴木秀美, Baroque violoncello

Jean-Marie Leclair : The Complete Flute Sonatas (Accent)
Barthold Kuijken, transverse flute
Wieland Kuijken, viola da gamba
Robert Kohnen, harpsichord

«庄野潤三『ガンビア滞在記』